映画祭の趣旨目的とご挨拶

滋賀は、今でも「湖国」と呼ばれるように、びわ湖を抱き自然に囲まれた美しいエリアです。滋賀は、歴史的にも京都・大阪との結びつきが強く、日本のほぼ中央に位置することから、福井県・岐阜県・三重県とともに「日本まんなか共和国」を設立し文化交流事業などを実施しています。また、歴史的建立物も多いことから各地から観光に訪れていただいています。 このような滋賀の特長を活かし、これまで数多くの映画作品がつくられてきました。そのことから映画ツーリズムをコンテンツとした新しい滋賀の魅力をアピールする機会として、このたび滋賀国際映画祭を開催する運びになりました。 この映画祭が、全国および海外への滋賀を発信するコンテンツとなり、また総合学習の一環として地元の子供たちや学生、高齢者のみなさんにも滋賀のすばらしさを再確認していただき、映画による地域活性化を目的としています。運営は学生映画祭スタッフが先導し、さらに市民の皆様にもご参加いただき、映画祭を盛り上げたいと期待しています。 映画祭では、滋賀と関わる映画作品の上映と同時に、日本および海外から自主製作映画作品を公募するアワードを実施します。多くのご応募があることをお待ち申し上げるとともに、各地から滋賀にお越しいただきお会いできることを楽しみにしています。

映画祭タイムスケジュール

日時:2018年11月23日(金)、24日(土)

会場:大学サテライト・プラザ彦根(23日)

    ・地域の映画上映

    ・映画シンポジウム

    ・入賞作品発表

   VIVAシティシネマ(24日)

    ・入賞作品上映

   東近江市SUBACO(24日)

    ・映画大好き交流会

詳細スケジュールは後日お知らせします。

応募作品について

滋賀国際映画祭アワードは、短編映画(30分以内、3分未満の超短編作品も可能)のコンペティションです。

テーマ(奇跡・愛・大切なこと・ろくでなし)

以上4つの中から選択し、作品名をつけて応募してください。

作品のジャンルや、応募者の年齢、性別、国籍などの制限はありません。ただし、すでに公開された作品や公開予定の作品、公序良俗や法令に反する作品などはご応募いただけません。

応募受付期間

2018年6月15日(金)~9月28日(金) 郵送は当日消印有効

応募方法

作品はDVDの郵送、またはYouTubeにパスワード付きで応募し、本公式ホームページのエントリーシートを記入し滋賀国際映画祭実行委員会に送信してください。 なお、海外からの応募については、Web応募は、DVD送付またはYouTube、または優酷網(Youku)にパスワード付きで応募してください。郵送の場合は、フィルム作品は必ずDVDにコピーして、フィルムではなくDVDでご応募下さい。記録方式はNTSCが望ましいのですが、PALの場合は必ずわかるように明記してください。外国語の作品の場合、日本語または英語か中国語のシナリオ(セリフ)を必ず添付してください。

入選発表について

2018年10月頃、滋賀国際映画祭公式ホームページで発表します。 なお、入賞者は作品写真(3カット)を提出してください。あらかじめご準備をお願いします。(画像データの形式など詳細は入賞後に個別にご連絡します。撮影中に写真を撮っておくことをおすすめします)。入賞者には、クラウドサービスのDropbox・Google Drive、中国からは、百度云(バイドゥユン)にデータ送信をご依頼します。

審査方法

全作品を審査員が、1次審査で入選10作品を選出し、滋賀国際映画祭公式ホームページで発表します。映画祭当日に入選10作品の中からグランプリ作品を発表します。

グランプリ(賞金10万円) 準グランプリ(賞金5万円)審査員特別賞(賞金1万円)

滋賀県賞(副賞) 観客賞(副賞)など。

音楽、映像、小説、漫画など、創作した人以外の人がその著作物を利用する際には、著作権者の許諾が必要です。必ず、著作権を管理する団体の許可を得て応募下さい。