· 

周さんの映画感想


自己紹介


名前;周 晨芳(しゅう しんほう)


性別:女性


年齢20


出身地:中国湖南


趣味:卓球、映画、アニメ


 日本に来て、もう七か月です。日本の生活にもう慣れました。

日本語学習は、まず、最初は言語の問題です。困ったなあ。日本語能力はn2の水準になりましたが、先生の授業の内容は理解できます。難しかったです。そして、スピードはちょっと速いと思いました。先生たちの話言葉はあまり分かりませんでした。困ったなあ。しかし、日本の生活に慣れるにつれて、先生たちの授業はだいたい分かってきました。日本語の能力もだんだん高まります。選択科目は中国と比べて違い、時間がかかります。でも、自分で自由に選びます。最高です。日本にゼミの形式があります。新鮮でした。

 

日常生活のところは、飲食の不習慣です。日本の料理は甘い味で、だいたい辛くではありません。辛い味が好きな湖南人にとっては非常に慣れません。故郷の料理が食べたいなあ。でも、お菓子が好きです。アイスクリームも好きです。とてもおいしいですよ。そのため、太りました。休み日の時、いつも田中先生と一緒に旅行していました。伏見稲荷神社と京都の紅葉などに観光しました。このように、日本の文化と生活などはよりよく体験していました。とても楽しかったですよ。


日本の生活は楽しいことも悲しいこともあります。豊かな留学生活だと思います。そして、日本に残りの1年半はもっと頑張ります。学習でも生活でも一所懸命頑張ります。頑張ろう。


 映画に興味がありますので、今回の映画祭に参加します。自分が好きな映画は「大魚・海棠」とか、「時をかける少女」とか、「千と千尋」とか、「暮光之城」などがあります。これ以降は自分が見た映画の感想です。よろしくお願いします。


 


大魚・海棠


「大魚・海棠」は中国の少数な素晴らしいアニメ映画です。重い中国風の画面はとても素晴らしく、魅力的で大好きです。映画の内容も中国の伝統文化に関係しています。見た人は椿(主人公)の純真と彼女の愛情を感じるのではないでしょうか。しかし、椿の行為は利己だと感じました。鯤(伝説の大魚)を育てることは家族に危険を与えます。しかし鯤は恩返しをしたいと   思っているから椿の傍から離れない。自分の恩に報いるために、家族に傷をもらう。最後、自分の命で皆さんを救いながらも、家族の皆さんの傷はずと消しません。湫が大好きです。バカだと思う。しかし、好きな人ために、何度もバカなことをするのが感じされる。自分の命を払っても、後悔しない


時をかける少女


最初はタイムリープ能力がある少女を気にして観ているとすごくおもしろいです。過去の時間に戻れるっていいですね。主人公もかわいくて、タイムリープ能力の使い方が純真だと思う。例えば、好きなアイスクリームを食べるとか、学校に遅れないなど小さいことをする。真琴(主人公)と千昭(クラスメイト)の二人の関係性も気になりました。思春期特有の少年少女の愛情が人に「ああ、これは青春かな」と感じさせられました。向けられた好意から逃げてしまう思春期特有の臆病さと繊細さが懐かしいと感じました。走り抜ける青春感が素晴らしい。「未来で待ってるから」というセリフが印象的でした。気になっている人は見るべきだし、一度見た人も何度も見返してほしいという感じる映画です。



未来の私たち

大切にすることを習うぞ、大切にするのを失った後に後悔するな。人生の中では見逃しているかもしれないが、残念に思っていないでほしい。見逃しても怖いことはないし、怖いものは二度とこのようなものではありません。お互いに背かないならいいかもしれない、この人生に背かないことは難しいだろう。(呉さんの勧め)


 


狼 ウルフ・オブ・ウォー


私は、あまりこのような熱血な映画は見ません。友達が好きなので、一緒に映画館に見に行きました。退屈だろうと思いきや、とても面白いと感じました。完全に映画の中の人物に圧倒されました。「国は絶対にどの国民も放棄しない。」見るとき、心にある民族のプライドがいっぱいです。いろいろな人は一人がそんなことまで絶対できない、オーバーすぎる、個人英雄主義の色が重いと思っていた。でも、私は筋道を立てると思います。皆さんはアメリカの「キャプテンアメリカ」のような個人英雄主義の重い映画を見るとき、そんな言葉は聞いたことがない。逆に、崇拝する。私はこの映画にはまりました。

 


 

銀魂


大好きなアニメです。原作のファンです。映画を公表する前、すごく興奮し、楽しみにしていました。映画の予告動画を見た後、小栗旬が演じる銀時と菅田将暉が演じる新八はいい感じだと思いました。たぶん「痘痕も靨」という感じだと思いました。自分は小栗旬のファンなので、彼が演じる銀時は非常に魅力的でした。普通の時、彼は銀時のような人だと思います。神楽の役はちょっと心配です。予告動画から見ると、違和感があります。それに、好きな桂の役も失敗することが心配です。銀魂が好きな先輩と一緒に映画を見ました。とても面白いと思いました。原作の還元度がつよい。銀時は今までと同じようにルーズでチャーミングな感じがある。新八は悪くない。新八のツッコミがちょっと足りないと思う。神楽は違和感があり、少しがっかりした。また、環奈ちゃんは可愛く、努力家であるため、私は環奈ちゃんのファンになりました。